国内旅行

【京都 西本願寺】これだけ知っていれば楽しめる!歴史・見どころ・アクセス

  1. HOME >
  2. 国内旅行 >

【京都 西本願寺】これだけ知っていれば楽しめる!歴史・見どころ・アクセス


新幹線の時間があるから、京都駅の近くで観光したい!





そんな人に
京都駅の周辺の観光スポット『西本願寺』の歴史・見どころ・行き方をご紹介します。


  目次  

  • 西本願寺のおススメポイント
  • 西本願寺の歴史【30秒でわかる】
  • 西本願寺の見どころ 
  • 西本願寺の拝観時間・拝観料
  • 西本願寺への行き方

この記事を読めば、『西本願寺』観光が2倍楽しくなります。


西本願寺のおススメポイント

ココがおすすめ

京都駅から近い!朝の5時半から観光可能

国宝である御影堂、阿弥陀堂の圧倒的な大きさ

寺院建築の集大成である建物の素晴らしさ

桃山時代の豪華装飾を施した唐門


西本願寺の歴史【30秒でわかる】

鎌倉時代1272年、浄土真宗の宗祖である親鸞の霊を祭る場所として東山に建てられたのが本願寺の始まり。その後、比叡山延暦寺からの迫害や、権力への抵抗運動なども行う中で各地を転々とします。

戦国時代には、多くの民衆の支持を得た本願寺は勢力として力を持ち、戦乱に門徒が介入をしたり、門徒が蜂起を起こした為、各地で禁圧をされることとなります。1570年には、織田信長から本拠地である石山からの退去を言い渡されたことがきっかけとなり、10年にわたる石山合戦を繰り広げるます。

安土桃山時代の1591年に、豊臣秀吉から土地が寄進され今の堀川六条の地に移転します。後見者問題などもあり、1602年に徳川家康が烏丸七条の土地が寄進され、正式に「西本願寺」と「東本願寺」の分かれることになります。この分裂は本願寺の勢力・影響力を削ぐのに政治的にも好都合でした。

幕末には、大所帯となった新選組の本拠地に一時期なっていました。稽古や砲撃訓練、傍若無人な振る舞いに業を煮やした西本願寺は費用を出し新選組に退去を依頼。以降、新選組は不動堂村に屯所を移すことになりました。


西本願寺の見どころ

桃山時代の建造物や庭園などが数多くあります。国宝でもある書院、飛雲閣は基本非公開となっており特別参拝など期間限定で公開がされています。

下記の国宝でもある唐門、御影堂、阿弥陀堂は無料で常時開放をしています。

唐門(国宝)

唐門は境内南側の北小路通に面しており、書院に続く門です。桃山時代の豪華な装飾彫刻が施されています。総漆塗り、中国の故事を題材とした極彩色彫刻と鍍金金具で装飾がされており、眺めているとその素晴らしさに見とれて日が暮れてしまうことから「日暮門」とも呼ばれています。
2022年3月まで修復工事中、2020年は漆塗・彩色等修復が行われています。

▼唐門は、御影堂や阿弥陀堂へ行く門と違う位置にあるので注意してください


御影堂(国宝)

宗祖である親鸞の霊を祭る建物が御影堂。正面の門から入り左側の建物です。江戸時代の1636年に再建され、2009年に修復をされています。
本願寺では御影堂を「みえいどう」ではなく、「ごえいどう」と読みます。

堂内に入ると、中央に親鸞聖人の木像、両脇に本願寺歴代宗主の影像を安置されています。木造の大きな空間は静かに歴史に浸るのにはうってつけの場所となっています。


阿弥陀堂(国宝)

阿弥陀如来を祭る阿弥陀堂は、正面の門から入り右側の建物です。江戸時代の1760年再建され、1985年に修復をされています。御影堂と阿弥陀堂をつなぐ渡り廊下も素晴らしいです。

中央に阿弥陀如来像、両脇にインド・中国・日本の七高僧の内、龍樹菩薩・天親菩薩・曇鸞大師・道綽禅師・善導大師・源信和尚の六師が安置されています。

2022年3月まで修復工事中、2020年は漆塗・彩色・表具・金具等修復が行われています。


西本願寺の拝観時間・拝観料

朝5時30分から拝観できるので、他のスポットがオープンしていない朝早めの観光におススメです。

基本情報

拝観時間 午前5時30分~午後17時
拝観料  無料
お休み  基本なし


西本願寺の行き方

京都駅からの『東寺』への行き方をご紹介します。おススメは、待ち時間がないので徒歩。タイミングが合えばバスを利用すると体力温存できます。新幹線まで時間がなければ、タクシーでも安く行けると思います。

西本願寺へ徒歩で行く

京都駅烏丸口から徒歩で15分くらいです。京都駅を背にして左手に進んでいきます。大きな堀川通にぶつかったら、右手に曲がり進むと西本願寺があります。約1キロ程度の道のりです。

西本願寺へバスで行く

京都駅烏丸口 市バス『京都駅前』より9番,28番,75番(西賀茂車庫行など)に乗車、『西本願寺前』で下車。10分程度です。




最後に

朝早くから訪れられるので、効率よくスケジュールを組むのに最適な観光スポットです。
簡単でもいいので、事前に歴史や見どころをしっていると、倍楽しめますよ。

にこさん
Hava a nice trip~♪


おススメ

-国内旅行
-, , ,